牡蠣サプリ

牡蠣サプリには、亜鉛やタウリン、グリコーゲンといった成分が含まれ、さまざまな効果があります。

 

・滋養強壮
・新陳代謝を促進
・血圧を正常に
・貧血を予防
・肝機能を高める
・免疫力を高める
・眼の機能を高める
・味覚を正常に

 

もともと牡蠣には、普段の食事で不足しがちな栄養素がたっぷり詰まっています。サプリでは相乗効果のある成分がプラスできるのが、強みです。また、牡蠣が苦手な人でも飲みやすいので手軽に栄養補給できます。当サイトでは、濃いエキス濃縮で効果の高い牡蠣サプリを、ランキングにてご紹介します。

 

 

牡蠣のチカラαの特徴

牡蠣に高麗人参とマカをプラスした、牡蠣サプリです。栄養豊富な広島湾で育った生牡蠣を使い、そのまま濃厚なエキスに濃縮。1袋90粒で生牡蠣約181個もの亜鉛が摂れます。さらにペルー産の厳選されたマカで活力や美肌効果を、高麗人参で美容と健康の源をプラスしています。1日めやす3粒に亜鉛約16r。2015亜鉛サプリランキング第1位。期間限定、先着1,000名のみ毎月お得コースなら初回980円(税別)。

価格 980円
評価 評価5
備考 1日めやす3粒。亜鉛約16r・マカ
 

 

 

牡蠣美人の特徴

女性のために開発された牡蠣サプリです。美肌に嬉しい亜鉛のほか、ミネラルやビタミンもそのままサプリに詰めました。牡蠣エキス製造で加熱されているので、食中毒の心配もなし。また、牡蠣の風味が苦手な人でも大丈夫なサプリに仕上がっています。美容と健康に嬉しい、高麗人参をプラス。女性が手にしやすいパッケージも喜ばれています。1日めやす1粒。毎月500名限定キャンペーン、定期コースなら初回980円(税別)。もちろん、男性もどうぞ。

価格 980円
評価 評価4
備考 1日めやす1粒。亜鉛・高麗人参
 

 

 

海宝の力の特徴

牡蠣の亜鉛を抽出してサプリにしています。瀬戸内海産の牡蠣から良質の亜鉛を抽出して使用しています。亜鉛をまもる相性抜群のしじみのオルニチンを配合。さらにサポート成分で亜鉛の吸収率をUPもさせています。飲みやすい小粒錠剤タイプ。1日めやす3粒に亜鉛17r。期間限定、先着300名は毎月お届けコースが初回980円(税込)。

価格 980円
評価 評価3
備考 1日めやす3粒。亜鉛17r
 

 

牡蠣サプリが人気の秘密!様々な健康効果が期待できる!

 

牡蠣サプリが今、ドラッグストアなどで非常に増えてきています。こういった商品の多くは、品質がよく、貴重な牡蠣を豊富に使用しているものが多いので、栄養価も高く、一言でいって良質なものと言うことができます。

 

牡蠣の有効成分といえば、代表的なものは亜鉛やタウリンだと思いますが、その他にも非常に体に良いものが含まれています。

 

たとえば、疲労回復や血糖値の安定に必要なグリコーゲン、また即効性のある疲労回復作用を提供するアスパラギン酸、体を作る元になるタンパク質なども含まれています。

 

それに精神を安定させ、骨を作るカルシウムや、血液をサラサラにしてくれるアリシンなども含まれていますし、その他のビタミンやミネラルもたっぷり含まれているので、老若男女問わず摂取してほしい食品が牡蠣なのです。

 

牡蠣は海のミルクと呼ばれますが、ミルクとは全然違った栄養素を多く含んでいて、特に体を整える効果が高い栄養素が多い食品です。体の調子を整えつつ、一緒に摂取した食品の栄養素を最大限引きだす効果に長けていて、牡蠣を一緒に摂取するだけでいろんな食品が健康効果を発揮するようになります。

 

内臓脂肪の減少にも有効で、ダイエットにも有効とされ、生活習慣病の対策としても牡蠣は有効だとしている専門家も少なくありません。

 

いろんな効果のある牡蠣ですが、毎日食べるのはやはり難しいので、牡蠣サプリメントが非常に注目されているのです。毎日の健康を維持し増進したいという人は、ぜひ牡蠣サプリメントを試してほしいと思います。

 

失敗しない牡蠣サプリの選び方!

 

牡蠣エキスサプリメントは簡単に牡蠣の豊富な栄養を補給することができるのでとても便利です。ただ、商品も増えたので、その量に驚かれる方も多いそうです。

 

その中で自分に合ったものを探すのは至難の業で、それが実際に効果があるかどうかもなかなか判断が難しいかもしれません。商品によっては高価なものもあり、できるだけ失敗しないサプリメント選びをしたいものです。

 

牡蠣エキスサプリメントは、体の調子を整えたり、疲労回復効果、若々しさを保つ効果など多くの効果が期待できます。また、体内の代謝をよくする働きもあります。体の巡りがよくなる効果のあるものもあります。

 

いろんな効果の期待できる牡蠣エキスサプリメントですが、その効果を全部追い求めるのはあまり賢い方法ではありません。牡蠣エキスが100%であればそれも良いと思うのですが、多くのサプリメントはより機能を特化していくために、他の成分も含まれています。

 

ですから、まずはサプリメント選びよりも自分に必要な健康効果を探すようにすることが最も重要です。そうすることによってサプリメントの効果を実感しやすくなりますし、また価格も抑えることができるようになります。

 

あれもこれも考えていると効果も実感しにくく、価格も高いものしか残りません。まずは、自分の足元を見つめることが大切です。

 

牡蠣エキスのサプリメントは、多くの健康効果がありますから、メインの効果以外にもちゃんと働きかけてくれます。自分の解決したい問題から解決することが、健康を作るためには有効ですよ。

 

牡蠣サプリの効果的な飲み方

 

牡蠣サプリには様々な健康効果を期待して飲むという人がほとんど。そもそもサプリメントは栄養補助食品ですから、栄養を期待するものであり味を期待するものではありませんよね。せっかく健康効果を期待するのですから、飲み方によってもっと効果が上がるのなら良い飲み方をマスターしたいところ。

 

牡蠣サプリにもちゃんと効果的な飲み方があるのです。サプリメントというものは一般的に飲み方やタイミングに決まりはありませんが、期待する効果によっては飲み方次第でより効果がアップするようになります。

 

牡蠣サプリメントの場合は、寝る前に飲む、飲酒前に飲むといった飲み方が有効です。寝る前に飲むと、新陳代謝が体内で活発に行われる就寝の前に飲むことによって、吸収、利用率のアップが期待でき、疲労回復や肌や内臓のダメージの補修が促されます。

 

また、飲酒前に飲むのは当然アルコール分解機能を上げるためで、よってから飲んでもそこまで早くはなりません。最初のうちに飲んでおくことで肝機能を高め、アルコールの分解機能を促進しておくことで摂取したアルコールを素早く分解して、排出することが可能になります。そのため、悪い酔い方をしなくなったり二日酔いをしにくくなります。

 

飲む際には、できるだけ水やぬるま湯で飲みましょう。コーヒーやお茶と一緒に飲んでしまうと、中の成分が牡蠣サプリメントの有効成分の吸収を妨げてしまうことがあります。効果を実感したいなら水で飲むことをおすすめします。

 

牡蠣の3大栄養素を徹底解説!

 

亜鉛

 

牡蠣サプリメントの中でも特に期待されている栄養素が亜鉛です。この亜鉛が不足した場合、子供なら成長障害や鉄欠乏性貧血といったものが現れやすく、発育に大きな影響を与えてしまいます。

 

また、大人であれば皮膚炎・脱毛症といった美観に関する問題や、味覚障害、インポテンツ、貧血、うつ状態などからだの内側にも多くの問題が生じるようになります。

 

ですから、しっかりと亜鉛は摂取していきたいところですが、厚生労働省の推奨する亜鉛の摂取量は、一日あたり3〜15mgとなっています。男性の場合だと8mg、女性の場合だと6mgが目安のラインで、年齢や体格によって1日の摂取量は変わってきます。

 

亜鉛が不足しないようにするのは難しいことではありませんが、実際には亜鉛は吸収しにくい栄養素なので、少し多めに摂取して適当ということになるでしょう。

 

亜鉛を多く含む食品には、牡蠣や豚のレバー、牛肉などがあります。また、大豆やえんどう豆などにも含まれていて、決して摂取が難しいものではありませんが、ダイエットなどで肉類を避けたりしていると簡単に不足するので注意しましょう。

 

サプリメントで摂取する場合には、過剰摂取にも注意する必要があります。亜鉛には強い毒性があるので気をつけないと、腎臓障害などの原因になってしまいます。

 

亜鉛は体にとって非常に重要な栄養素ですが、摂取が過剰になると毒にもなります。サプリメントを使うことが無ければ過剰になることはほとんどないと思いますが、サプリメントを使うのであれば用量用法には注意するようにしましょう。

 

タウリン

 

牡蠣のもつ栄養素の中でも特に注目されているもののひとつがタウリンです。タウリンは、基本的に魚介類や軟体動物に多く含まれるアミノ酸なのですが、栄養ドリンクに入っている成分といった方が有名かもしれません。

 

タウリンは体内にも存在していて、体の臓器の中に多く含まれています。タウリンは肝機能の強化作用や心臓機能の強化、また血圧を安定させたりコレステロールを分解する作用があります。他にも多くの効果を有している健康成分です。

 

魚介類を中心に多くの食べ物からタウリンを摂取することができますし、それによって疲労回復効果を得ることができます。基本的に摂取過剰になるということはありませんが、サプリメントや栄養ドリンクを利用する場合は注意した方が良いでしょう。

 

とはいえ、特に副作用的なものはありません。余った栄養素は尿から排泄されるようになっているからです。逆に言えば、過剰にタウリンを摂取したところで疲労回復や滋養強壮が進むということもありません。あくまで適量というのが必要ということですね。

 

普段から毎日魚介類や貝類を食べるというのは今は難しくなってきています。特に時間のない人にとっては、こうした調理に技術と手間がかかる食品は避ける傾向がありますから、サプリメントを利用するのが効率的で現実的でしょう。栄養ドリンクは他の成分も多く、余計な効果をもたらすこともありますから、目的に合った効果の期待できるサプリメントを利用するのが最も良いでしょう。

 

牡蠣のサプリメントは牡蠣のタウリンだけでなく、有効成分を広く含んでいるので、特におすすめのサプリメントです。

 

グリコーゲン

 

牡蠣に含まれる栄養素といえば亜鉛やタウリンが有名なのですが、グリコーゲンも注目して欲しいものです。

 

グリコーゲンは「糖源」とも言われるもので、通常は肝臓や筋肉に蓄えられて非常時のエネルギーとして利用されます。肝臓に蓄えられているグリコーゲンはと特に「肝グリコーゲン」と言って、血糖値が低くなった時に血液中に放出されるもので、低血糖の人はこの肝グリコーゲンが不足しがちです。

 

骨格筋に蓄えられているグリコーゲンは「筋グリコーゲン」と呼ばれ、激しい運動をする際にはエネルギーとして供給されるようになります。

 

グリコーゲンが不足すると、体が疲れやすくなってしまうので、疲労回復にもグリコーゲンは必要になります。また、よく言われるように脳はブドウ糖しかエネルギーに利用することができませんから、グリコーゲンが不足すると集中力の欠如やイライラといった症状が現れます。

 

血液中のブドウ糖濃度が低くなると低血糖として冷や汗や震えなどの症状が出るようになります。低血糖症に陥りやすい人は牡蠣を食べておくとこうした症状になるリスクが低くなりますので、多く摂取するように心がけましょう。

 

グリコーゲンは、牡蠣のほかにも、ホタテ・動物のレバーなどに多く含まれているものです。ちゃんと肉類を食べる人は不足しにくいですが、ダイエットで菜食中心になっていると不足することもあるので注意しましょう。

 

牡蠣サプリメントは栄養バランスもよく、不足しがちな栄養素を補給することができるので非常にオススメです。疲労回復を目的にするなら第一の選択股となるでしょう。

更新履歴