牡蠣の栄養効果を倍増させる食べ合わせ方法

 

 

牡蠣には豊富な栄養素が含まれており、健康促進に大きく役立ちます。その栄養素の働きをもっと高めるには、食べ合わせが重要となります。今回は、牡蠣と相性の良い食べ合わせ食品をご紹介します。

 

トマト

 

トマトはリコピンが豊富に含まれており、単品でも高い健康効果が期待できる優秀な食品です。その他にもビタミンCやカリウムが含まれており、牡蠣と一緒に食べることで高血圧を予防し、動脈硬化などの血管の異常を予防することができます。

 

また、リコピンの高い抗酸化作用は血液の流れを改善する働きがあるので、血行不良による冷えやむくみ改善にも効果が期待できます。

 

ほうれん草

 

牡蠣は亜鉛の含有量が一番豊富な食品です。亜鉛の効果は様々ですが、ほうれん草と一緒に食べることで貧血改善に高い効果が期待できます。

 

亜鉛不足になると、亜鉛欠乏症貧血という症状が出てきます。亜鉛が豊富な牡蠣を摂取することで予防できますが、ただ牡蠣を食べるだけでは亜鉛を十分に吸収することはできません。

 

そこで活躍するのが、ほうれん草です。ほうれん草には鉄分が多く含まれており、牡蠣に含まれる亜鉛の吸収をサポートしてくれます。ほうれん草と一緒に牡蠣を食べることで、貧血予防に高い効果が期待できます。

 

海老

 

海老は免疫力アップ、肝臓機能の向上、高血圧予防といった健康効果があります。単品でも美味しく健康を維持することができる食品ですが、牡蠣と一緒に食べることで疲労回復効果もプラスされます。

 

海老と牡蠣に共通して含まれている栄養素に、タウリンというものがあります。タウリンには疲労回復効果があり、海老と牡蠣に含まれているタウリンを一緒に摂取することで、倍増の疲労回復効果が期待できます。

 

その他の栄養素の面でも、牡蠣と海老は相性の良い食べ合わせなので、身体が疲れていると感じる方はぜひこの食べ合わせを試してみてください。

牡蠣の良質なエキスだけを凝縮!

 

食品由来の牡蠣サプリランキング!人気はこれ