亜鉛不足には牡蠣がオススメ!

 

 

亜鉛は免疫力の向上や新陳代謝能力の向上など、身体の健康には欠かせない重要な成分です。しかし、近年では食生活の乱れなどにより、亜鉛が不足している方が珍しくありません。

 

そこでオススメの食材が牡蠣です。牡蠣に含まれている亜鉛量は豊富で、効率良く成分を摂取することができます。

 

一日に必要な亜鉛の量

 

亜鉛は身体の必要な栄養素ですが、体内で生成することはできません。このため食品から摂取する必要があります。

 

一日に必要な亜鉛の摂取量は厚生省により定められており、男性の場合は18歳から69歳までは10mg、女性の場合は15歳から69歳まではmgとなっています。女性は妊娠中や授乳中は亜鉛の必要量が増え、プラスで3mgほどの摂取が望ましいです。

 

牡蠣に含まれている亜鉛の量

 

牡蠣100gあたりに含まれている亜鉛は13.2mgです。牡蠣100mgは約5個分なので、1日あたり5個の牡蠣を食べれば必要量を摂取することが可能です。

 

ただし、亜鉛は調理法によって量が変動したり、牡蠣の大きさによっても量が異なってくるので、牡蠣で亜鉛を摂取する場合は注意が必要です。調理法や食べ方によっては、過剰摂取になってしまったり、亜鉛の量が少ない場合があります。

 

効率の良い方法はサプリメント

 

亜鉛不足に悩んでいる方は多く、需要の高まりと共に亜鉛サプリメントの種類も多くなっています。サプリメントは亜鉛の含有量が明記されており、錠剤などといった摂取しやすい形態に加工されているので、亜鉛を摂取するには効率の良い方法です。ただし、サプリメントはあくまで補助食品なので、基本は食事からの摂取を心がけるようにしましょう。

牡蠣の良質なエキスだけを凝縮!

 

食品由来の牡蠣サプリランキング!人気はこれ