妊娠中に牡蠣は食べてはいけない?

 

 

牡蠣には豊富な栄養素が含まれています。妊娠中は健康維持のために多くの栄養素が必要になりますが、妊娠中には牡蠣を食べてはいけないという意見があります。妊娠中は牡蠣を避けるべきか、危険性や注意点をご紹介します。

 

生牡蠣は控える

 

牡蠣というとあたりやすいというイメージがあります。これは、二枚貝の中に潜むノロウイルスが、牡蠣の旬になる冬場に活発化しやすいためです。

 

ただしノロウイルスが活発化するのは低温の乾燥した状態なので、火をしっかり通した牡蠣はそこまで危険性は高くはないと言えます。ノロウイルスにかかりやすいのは生牡蠣を食べた場合なので、牡蠣を食べる際はしっかりと調理しましょう。

 

妊娠中のノロウイルスの危険性

 

ノロウイルスは発症すると、吐き気や下痢といった消化器官に症状が出てきます。妊娠中は身体の変化が大きく、ウイルスに対する抵抗が低くなっています。

 

このため、普通の人よりノロウイルスにかかる危険性が高くなっているのです。ノロウイルスは重篤化すると痙攣や脱水症状になる場合があります。母体が弱ると胎児にも悪影響が出てしまいます。

 

また、下痢や嘔吐は子宮収縮を引き起こす可能性があり、早産や流産といった危険性を高めてしまいます。このことから、ノロウイルスに発症しやすい生牡蠣は避けましょう。

 

しかし、牡蠣に含まれている栄養素は妊娠中には必要なものですし、旬の食べ物を楽しみたいという場合は、加熱した牡蠣を食べるようにしましょう。

牡蠣の良質なエキスだけを凝縮!

 

食品由来の牡蠣サプリランキング!人気はこれ