牡蠣に含まれている栄養素

 

 

「海のミルク」とも呼ばれている牡蠣には、様々な栄養素が含まれています。今回は、牡蠣に含まれている栄養素をご紹介します。

 

亜鉛

 

亜鉛は必須ミネラルの一つで、代謝能力のアップや免疫力向上など、健康に欠かせない成分です。不足すると発育障害や機能性障害などを引き起こしてしまいます。

 

しかし、体内で生成することができないので、食品から摂取する必要があります。牡蠣の特徴としてあげられるのが、亜鉛の含有量です。食品の中でもトップの含有量なので、2個食べるだけで1日の必要量の亜鉛を摂取することができます。

 

ビタミン類

 

牡蠣には、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、Cといった豊富なビタミン類が含まれています。ビタミン類は身体を動かすためのエネルギーを作り出す働きに欠かせないもので、正常な身体を維持するために重要なものです。

 

ビタミン不足は健康や美容に大きな悪影響を及ぼします。近年、食生活の変化と共にビタミン不足も多くなっています。牡蠣に含まれている豊富なビタミン類は、ビタミン不足に悩んでいる方にオススメです。

 

鉄と銅

 

鉄と銅は造血作用があり、摂取することで貧血予防や血行促進効果などが期待できます。血液というと鉄というイメージがありますが、鉄だけでは血液を作ることはできません。銅の働きにより初めて血液を作り出すことができます。牡蠣は鉄と銅が一緒に摂取できる食品なので、貧血改善や血行不良による冷え性改善効果が期待できます。

牡蠣の良質なエキスだけを凝縮!

 

食品由来の牡蠣サプリランキング!人気はこれ